保険がどんなものか知ろう

保険の種類とそれぞれの特徴

>

さまざまな保険の特徴をここで学ぼう

何と言っても大事な生命保険と医療保険

どの世代にも一番需要があるのは、やはり生命保険です。
どの保険会社も看板にしているだけあり、それだけ加入者もダントツで多いです。

保険期間に満期がある定期保険とその被保険者が亡くなるまでの期間の終身保険があり、どちらがお得かはその人の家族構成や年齢によって異なり、また保険会社によっても保険料は違います。
基本的には被保険者が亡くなってからの保険料支払いになります。

その次に契約者が多いのが、医療保険です。
大抵の保険がさまざまなケガや病気に対応しており、入院日数によって給付金が出ます。
しかし、申し込みの際には持病や病歴などを申告が必要であり、正直に申告しておかないと、保険料が下りないという最悪のパターンもあり得ますので、申告は正しくしましょう。

入って損ではないがん保険

最近需要が増えているのが、がん保険です。
がんは急性心筋梗塞や脳卒中と並んで現代の三大疾病に数えられています。
そのため、老若男女問わずに加入して、もしもの時に備えています。
中にはその三大疾病をひとまとめにしている保険もあり、今後もどんどん加入者が増加していくであろう保険の一つですね。

がんの種類で多いのは胃がんと大腸がんであり、例えばご家族でそういったがんにかかったことがある人がよく加入していますね。
また、ここ近年で浸透してきた保険ですが、子宮がんや乳がんといった女性特有のがん保険もあります。
保険会社の中には、一般的ながんと女性特有のがんの両方に対応している保険を売り出しているところもあり、ほとんどの女性がその保険に加入しています。


このTOPICSをシェアする