保険がどんなものか知ろう

保険の種類とそれぞれの特徴

やはり大事な生命保険と医療保険

生きていくうえでは、いつも順風満帆というわけにはいきませんね。
いろんな病気や事故、トラブルに見舞われたりします。

ちょっとした風邪やケガならともかく大きな病気やケガをしたら、高額の医療費がかかりますね。
また、交通事故や地震や火災、台風などの大きな災害に見舞われた場合には、修理にもお金がかかります。
これらを自分のお金で支払っていたら、大変ですね。

そこで、そういった万が一に際して作られたのが「保険」というものです。

保険と一口に言ってもさまざまな種類があり、それぞれ特徴もあります。
ですから、必要に応じた保険を選び購入することが必要になります。
一番良いのは、ファイナンシャルプランナーなどのプロに相談する事ですが、ここでは簡単に保険の種類と目的について書いてみます。

保険は大きく分けて、生命保険と損害保険とに分かれます。

生命保険とはその名の通り、自分が死亡した時に受取人に支払われる保険です。
目的は、自分が死亡した後の葬儀代や家族の生活費のサポートになります。

この生命保険には、特約として医療保険という、自分が病気になったり怪我をして手術や入院した時に支払われる保障もあります。
最近では、ガンや働けない間の収入を保障するといったものも販売されていますので、内容は多岐にわたり、どんどん進化していっています。

もうひとつの損害保険は、主に事故や災害に対して保障するものです。
例えば、交通事故をおこしてしまって、相手に怪我をさせてしまったり、車を壊してしまった時などに弁償金などを保障してくれます。

また、火事の場合の火災保険や地震をはじめ、自然災害で自宅を失ったり、修理が必要な時に保障してくれる保険もあります。

貯金は三角保険は四角、という言葉があるように、これらの保険は契約をしたその日から、契約金が支払われますので、まさに万が一のための大きな安心として考えることができるでしょう。